保育士になるには?!保育士のいい所ご紹介!

保育士の仕事ってどんなこと?

保育士の仕事はおもに小学校など就学する前の準備みたいなもので、生活習慣や基本的な日常生活の手助けをします。これからの社会生活にも大事なことなので幼児の時から教わることが大事です。食事、睡眠、衣類、脱衣、排便、清潔などあげられます。これらの生活習慣が身につくことで小学校に上がるまでの第一歩とされます。子供たちの身の回りのお世話をし、毎日子供の体調管理、行動管理など、子供の手助けをしたりします。そして子供の状態などもノートに記録し親御さんなどに報告します。

保育士になるのに必要なことは?

保育士として働くには国家資格の保育士資格が必要とされています。資格がない場合働くことができないです。その資格をとるには大学や専門など保育関係の指定のところで課程を終了するか、自身で資格を取得する形になります。保育士養成所では二年制や四年制などあります。大学卒業の場合のが給料が高いといわれてるのではないでしょうか。保育士資格試験は年に1回と少ない数で行われているので計画をたて行いましょう。受験資格が満たしていれば、年齢、性別関係なしに受けることができます。

保育士のやりがいって?

家庭の代わりに保育するということなので、子供たちは0歳から6歳までくらいの幅広い子たちもいます。中には0歳の首も座ってない子も預かることもあるでしょう。日々反省することや大変なことも多々あるだろう、だが子供と関わることでこれからもがんばろうと子供から元気をもらったりすることもあります。子供は素直なので思ったまま行動します。なんてかわいいんだろうと癒されることもあるでしょう。そして子供たちとの会話をしたり笑顔をみることで疲れもふっとびますね。保育をしていると小さいときから保育してきた子がどんどん成長していき感動的にもなりますね。

保育士の求人は子どもが大好きな方におすすめです。求人も多いため、免許があれば積極的に働くことが可能です。

Back To Top