介護とは何かを知るいい機会、それは過去の経験として生かせるか?

介護を経験する事で何かが見える?

介護は決して楽な仕事ではないでしょう。給料も安い上に、重労働というイメージがずっと付き纏っています。家庭を持っていると、仕事する事への困難さが増します。介護は要介護者が増えるのと同時に、現場スタッフの応援も必要です。経験だけでなく、未経験者も求められますので、現場としては人が多いに越した事はないです。それでも教育などに時間を費やすので、少々既存スタッフにとっては安心できないでしょう。即戦力が欲しいのは現場としては当然の主張です。

介護が必要な人が増えると

今の時代は少子高齢社会ですから、それを支える人材も求められます。高齢社会は待ったなしに進んでいますし、同時に高齢者を支える働き手も必要になります。老人ホームの存在がありますが、年々需要度が増していても、要介護者を含めて家族も経済問題があってなかなか人が集まらないという現状があります。介護施設は民間企業も進出していますが、医療法人でもなかなか手に負えないという現実があります。介護施設を増やす前に働き手がいなくては難しいですよね。

介護する覚悟はあるのか?

自分の家族を介護しなくてはいけなくなる時が来ますが、その覚悟があるのかがポイントです。一人で見ていると、出口が見えないのも事実ですが、誰にも相談しないでやっていると、深みに嵌ってしまいます。常に医療機関、自治体と連携して介護する事が重要です。在宅で介護が困難な人がほとんどなので、在宅で行える人はほんの一握りです。要介護度が3以上の人は、施設入所を薦められるでしょう。後は経済環境をクリアする事ですが、介護は常に待ったなしですよ。

介護の派遣の事業を専門的に行っている企業は、都市部を中心に増え続けており、高齢者に対する手厚いサポートが注目されています。

Back To Top